話題の気になるあの話 話の種子学

気になっているあの話題を徹底考察。みんなに話したくなる小ネタを紹介!

エンタメ・テレビ

松坂桃李が死神に?「デスノートLight up the NEW world」で声の出演。前回の死神役は??

2016/11/04

少年ジャンプで掲載されてみるみる人気を集め、テレビドラマ化、そして映画化された「デスノート」がついに10年の時を経て再びスクリーンに登場。

%e3%83%87%e3%82%b9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

新作デスノートに、松ケンのLが登場!
 

今回はキャストを総入れ替えして新たなデスノートの世界観を表現するという事だが詳細やいかに??

注目のベポの声に焦点を当てつつ考察してみたいと思う。

 

「デスノートLight up the NEW world」の死神、松坂桃李

デスノートとはもはやストーリーの紹介は必要もないくらいの人気を博した漫画原作にした作品である。

デスノートと呼ばれる死神から与えられる、そこに人の名前を書くとその人は死んでしまうというノートである。

それをめぐって様々な人々の争いを描いているのが本作品のメインとなっている。

そして、今回松坂桃李が声を演出するのが金色の体と6本の指を持つ死神・ベポ。

%e6%9d%be%e5%9d%82
出典 松坂桃李『日本のいちばん長い日』インタビュー
 

本作を語る上では非常にキーとなってくる役割の死神。

その中でも金色に輝く特別な存在感を放つ死神・ベポの役を演じるという事だ。

この世には存在しないおぞましくそして影での圧倒的存在感を発揮する死神役。

声だけで演出するのは極めて難しいと思うが松坂さんはどう演出してくるのだろうか。

佐藤の監督作「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」や「図書館戦争 THE LAST MISSION」にも参加している松坂は、「原作が元々好きだったので、佐藤信介監督からお話をいただいた時は、嬉しかったです。束の間ながら、あの世界に入れたのはワクワクもしました」

とコメントを寄せている。

出演キャスト

東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈/戸田恵梨香/船越英一郎ほか

スポンサードリンク



 

前回の映画で死神 リュークの声は誰がやっていたのか??

前回放送の「デスノート」でのメインの死神であるリュークはなんと中村獅童が演じていた。

歌舞伎で培った表情を見せずとも声で魅せるテクニックを持っている中村獅童がキャスティングされたのには納得である。

そして、なんと今回もこのリューク役は中村獅童続投と言う事だ。

出来上がりがどんな風になるのかなっていうのが私自身もすごく楽しみです。いままでのデスノートファンの方、映画を観て好きになった方など、いろいろな方がいらっしゃると思いますが、この作品でまた新しいデスノートが誕生したのではないのかなという風に思います」と語り、「私も原作が大好きですし、声のお仕事も度々やらせていただいていますので、思い入れが深い作品で、とても嬉しかったです」

と空前のヒットを残したこの映画に対する思い入れを語る中村獅童。

さぁ今回はこの中村獅童、そして松坂桃李の2人の掛け合いが見られるかと思うとわくわくしますね。

何よりもストーリーも気になる所です。

全国ロードショーは10月29日!!

 

スポンサードリンク

A8楽天トラベル

-エンタメ・テレビ