話題の気になるあの話 話の種子学

気になっているあの話題を徹底考察。みんなに話したくなる小ネタを紹介!

おでかけ・イベント

スーパームーンならぬウルトラスーパームーン降臨!!68年ぶりのスーパームーン

2016年11月14日の夕方から夜になんとスーパームーンならぬウルトラスーパームーンが観察できるという事で話題を集めている。

なんと68年ぶりの大きさと言う事だからそりゃ話題を呼ぶよね。

ではでは、今回のそのウルトラスーパームーンはどんなにすごいものなのか、そして、いつ観測したら一番綺麗に見えるのかなどみていきましょう!

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3%e5%a4%a9%e4%bd%93
出典 Find Travel

 

スポンサードリンク



 

ウルトラスーパームーンは何がすごい??

そもそもスーパームーンとは何かと言うと「軌道中で地球に最接近(90%以内)した新月または満月。即ち、地球と月と太陽が直線上に並び、月が地球に最も接近した状態」と占星学者のリチャード・ノール氏が定義した事から始まっている。

まず、今回のスーパームーンはとにかくでかい!!

どれくらいの大きさかと言うと2016年の最小時より10%以上も多く見えるという事です。

肉眼で見た月が10%以上も大きく見えたらなんか不思議な感にがして変な予兆を感じてしまいそうな雰囲気になりますね。

%e6%ba%80%e6%9c%88
明るさはなんと30%も増すらしいですよ!!

そして、この大きさになるのがなんと68年ぶりだという事です。

2014年にはスーパームーンの当たり年と言われかなりの話題性を集めましたがなんとその時よりも大きい!!

とてもじゃないけど68年前のスーパームーンを覚えている人などいないでしょう。

つまり、人生で1度見れるかどうかといったチャンスなのです。

実際に次の最接近するのは18年後という事なので、そうそうお目にかかれるものではありませんね。

一番の綺麗に見える時間と方角は

今回のウルトラスーパームーンが一番ウルトラで見えるのがなんと午前11時・・・

それって見えないのと同じじゃんと思ってしまいますが、そんな事はありません。

夜もしっかり大きくスーパームーンが見えます。

そして、観測のベストな時間は日の入りしてすぐの月の出を待つのが一番です。

11月14日の月の出は16時40分を予想されていますのでそこを狙って見るのが一番ベストな時間帯となっているでしょう。

そして、よく見える場所とは東の地平線が見える場所です。

東の地平線を眺め、大きな月が顔を出すのを見るのは非常に絶景になると思います。

オススメ絶景スポット

 




 

さぁ今回はこんな人生にまたとない大チャンスが差し迫っています。

そして、2017年はスーパームーンは見れないとのことです。

今回このスペシャルなシチュエーションを利用して色んなイベントを組んでみてはいかがでしょうか。

%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3
出典 http://imasugunews.com

 

スポンサードリンク

A8楽天トラベル

-おでかけ・イベント