話題の気になるあの話 話の種子学

気になっているあの話題を徹底考察。みんなに話したくなる小ネタを紹介!

芸能・文化

生田斗真主演 「土竜の唄 香港狂騒曲」主題歌がカッコよすぎると評判に!!

12月23日公開の「土竜の唄 香港狂騒曲」の主題歌に関ジャニ∞の『NOROSHI』(のろし)なる事が発表されている。

そして、この『NOROSHI』が超カッコいいとSNSで拡散されている。

さて、一体どんな曲なのだろうか??そして今回2作目となる土竜の唄とどう絡み合ってくるのでしょうか!!

映画『土竜の唄 香港狂騒曲』公式サイト

37枚目のシングル 『NOROSHI』とは?

12月7日に発売が決定した37枚目のシングル『NOROSHI』ですが全部で3種類の発売が行われるそうです。

その3種類の収録曲、そして特典は

 

初回限定盤A

CD
01. NOROSHI
02. ふわふわポムポム

DVD
・「NOROSHI」Music Clip & Making
・「2016.10.25 session movie」

初回限定盤B

CD
01. NOROSHI
02. Black of night

DVD
・「Black of night」Music Clip & Making

通常盤

CD
01. NOROSHI
02. Black of night
03. ハダカ
04. Winter Love Song
05. NOROSHI(オリジナル・カラオケ)
06. Black of night(オリジナル・カラオケ)

 

となっております。中でも注目とされているのが初回限定版Aだとのこと。

初回限定版の特典にはこの『NOROSHI』のメイキング映像、MV、そしてメンバーがセッションしている映像が映し出されている。

今回は、映画とのタイアップと言う事でかなりのビッグタイトルです。

それを、全てを詰め込んだ初回限定版Aは非常に価値がありそうですね。

そして、アンダーグラウンドでカップリングのふわふわポムポムってなんやねんちゅう話も話題になっているそう。

土竜の唄の主題歌だけあって今回の『NOROSHI』はバンドでの楽曲と言う事で恐らく男らしさと疾走感のある音楽に仕上がっていると思います。

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89
そのバランスを考えた時のふわふわポムポムと考えるとなんかユーモラスだなと感じますね。

なんにせよ一番欲しいのは初回限定版Aですね。

非常に楽しみです!

スポンサードリンク



 

土竜の唄は以前も楽曲は関ジャニ∞だった!!

そもそも、土竜の唄ってなんだよって言う人の為に簡単に説明。

正義感は強いものの警察署きっての問題児の巡査・菊川玲二(生田斗真)は、上司からクビと言われてしまう。しかし、内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝(岩城滉一)を逮捕するため、モグラこと潜入捜査官になれという命令だった。偶然にも傘下の阿湖義組若頭・日浦匡也(堤真一)と親交を深めた玲二は、数々の試練に見舞われながら轟に近づいていく。

引用 シネマ トゥデイ

菊川玲二が潜入捜査を行いつつとんでもない試練の数々をコミカルに演じる生田斗真がめちゃくちゃカッコイイです!

そしてこの時の主題歌が『キングオブ男』となっております。

この曲は、1980年代を思い出すようなテイストに仕上がっていますね。

少し古臭い感じの音楽に男とはこういうものだという歌詞を乗っけております。

ダンスの振り付けもなんとなく応援団のような感じですね!

そして、今回の『NOROSHI』は一体どんなものなのだろうかと考えると、バンドでありつつ男らしい感じと香港のネオンな感じを表現してくる用の気がします。

トランペット??和太鼓??なんかを入れてくるんじゃないかなぁと思います。%e5%92%8c%e5%a4%aa%e9%bc%93
詳細は12月7日発売のCDを待ちましょう!!

そして、ぜひ初回限定版Aをどうぞ!

スポンサードリンク

A8楽天トラベル

-芸能・文化