話題の気になるあの話 話の種子学

気になっているあの話題を徹底考察。みんなに話したくなる小ネタを紹介!

エンタメ・テレビ

漫画家中村ユキ、「統合失調症」の母と一緒に過ごした36年間。世界仰天ニュース

2016年11月30日漫画家中村ユキさんのお話が ザ!世界仰天ニュース で取り上げられます。

その内容とは中村さんの母が統合失調症になってしまい、その病気に悩み、そして苦しみ、それを乗り越えた先の病気との付き合い方を映し出したものとなっています。

統合失調症の苦しさやその症状などを交えながら見ていきましょう。

%e4%b8%ad%e6%9d%91%e3%82%86%e3%81%8d%e3%81%95%e3%82%93
ZAKZAK

漫画家中村ユキさん統合失調症の母との生活

まず、中村さんの母がこの病気を患ったのはユキさんが4歳の頃です。

旦那さんの実家で同居することで、義父母との関係性や、子育ての事でストレスが溜まり、病気を発症してしまったという事です。

症状としては始めは幻聴が聞こえ誰かが自分の事を悪く言っているのではないか、自分の事を誰か狙っているのではないかなどの強迫観念に襲われたりもしたという事です。

病院には通うものの自分の事を恥ずかしくて全てを話さなかったりして、医師からは適切な判断が下されずヒステリーやパニック、躁鬱などと診断されてしまったそうです。

そして、入院してもすぐに退院と入退院を繰り返し病気は一向に影をひそめる事はなかったようです。

幼心に母の豹変ぶりには霊が憑依しているのではないかとユキさんは思っていたようです。

その後、症状はさらに悪化をして包丁を振り回す、煙草を食べてしまうなどなど自傷行為、自殺行為を繰り返すようになっていったようです。

そして、生活支援センターに通いながら投薬を中心に在宅介護を続けていたようです。

2011年の震災で心だけではなく体にもダメージをおってしまったようです。四肢の不自由さと右目の失明と言う大きな怪我だったとの事です。

最終的には生活支援センターでの暮らしのなかでお菓子をつまらせてしまい、病院で亡くなられたそうです。

詳しくはHPにその大切な思いがつづられています。ゆきたきHP

本当に壮絶な生活を送られていて、その中でうまく付き合いそして乗り越え、今では幸せでしたと言える中村さんの心の強さには感服いたします。

漫画家として、統合失調症に関する本などを出版されており、世の同じ病気で苦しむ人の支えになる活動を続けていらっしゃいます。

スポンサードリンク



 

統合失調症の症状や原因

統合失調症は人間の脳における障害で、人は様々な思考をする中でそれを正確に処理し判断し行動しようとします。

しかし、なんらかの影響で脳がオーバーワークを起し正常な判断ができなくなってしまう事が統合失調症という病気だそうです。

%e9%ac%b1

統合失調症の症状とは

統合失調症の症状には大きく分けて3つあるそうです。

①陽性症状

あるべきでないモノが見えてしまったり聞こえてしまったりしてしまう状態

②陰性症状

全ての物に感情を示さず、意識レベルが低下しており、無気力のような状態がつづいてしまう

③認知機能障害

全ての物に対して意識が散漫になってしまい、何か一つに集中することができない。

また、過去の記憶の情報を適切に処理することができなくなりあいまいな判断で勘違いをしてしまう。

 

どのような原因で発症するのか

統合失調症を発症する人は様々な要因が挙げられています。

①ストレスフルな環境下

ストレスがたまると、精神的肉体的に蝕まれてしまい、それが自分のキャパシティを超えた時脳が自分を守る行動の一つとして思考を停止させてしまったり自分ではない事のように受け取れるように制御したりします。

それが統合失調症となることがあるようです。

②遺伝的なもの

妊娠期や出産時などの感染症ウイルスなどによって引き起こされる可能性があると考えられています。

③性格的なもの

これも推測の域を超えませんが傾向値的にみられるのが、コミュニケーションなど人と接するのが苦手な人になりやすいとの事です。

自分を表現する相手などが居なくてストレスをためてしまったり承認欲求が満たされず精神的に不安定な状態が続き脳に障害が起きてしまうのかもしれませんね。

 

統合失調症は治るのか??

これは完全に完治と言う言葉はなかなか無いようで「寛解」と呼ばれる症状が出ていない状態にもっていくことが一番のゴールと言う事です。

その状態には治療を続け周りのサポートがある事でもっていき事は可能だという事です。

ただ、精神病はいつどのような状態でまた発症するか解らないので事前に自分の状態などの自己分析を良くしておくことは非常に再発予防になるという事です。

 




 

いかがだったでしょうか。

この統合失調症と言う病気は誰にでもなりえてそれでいてかなりケアが難しい病気のようですね。

しかし、まわりの家族や友人に支えられて理解をすることでケアをしていき寛解の状態までもっていくことは出来るという事です。

まだまだ、この病気を抱えているご本人やご家族の方などで悩まれている方は非常に多いと思います。

その方々の為にも理解ある世の中になる事、寛解しやすい環境が整う事を心から願います。

そのための活動を行っている中村ユキさんも今後とも頑張っていただきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

A8楽天トラベル

-エンタメ・テレビ